menu

FX本音の詩

キッシュ 4回目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ何回目 って表示しなくてもいいかなと思い始めていますが、4回目。

作った生地が意外に消費できなくて、もう1回分位は余裕で残ってて困った。

じゃーバンバン作ればいいじゃないと思うかもしれないが、完成までに非常に時間がかかる。

キッシュ作りの主な工程 というか短縮できない所だけ書き出すと。

・生地を作る
・寝かす(30分以上)
・伸ばして型へ
・土台となる部分を焼く(約30分)
・具材を詰めて焼く(約30分)

生地を用意しておいても、焼くだけの工程だけで1時間必要。

なんだかんだで1時間半から2時間位と大分手間のかかる料理。

なので、一回目が完成してじゃー次も続けていきますか!とはならないんだよなー。もう今日はいいやってなります(笑)

まーそんな生地が消化できなくて困ってるという話はおいておいて

今回は、一度土台を焼き上げてから卵黄を表面に塗り10分ほどオーブンで焼き上げて光沢をだした。

キッシュ 土台
オーブンからだして、おーぉ アップルパイの時にみかける光沢だーなんて一人で感動した。

具材は
湯通ししたベーコン
ほうれん草
たまねぎ
ミックスチーズ

と今回は具だくさん。

ほうれん草 キッシュ
アパレイユ(液状の種)を流し込みオーブンへ
キッシュ
表面にほどよく焼き色がつきおいしそうな感じで完成。

出来立ては、サクサクした生地が中のトロッとアパレイユとほどよく絡み合ってとてもおいしい。

手間が非常にかかるのと、生クリームや大量のバターを使うのでコストが高く頻繁につくるのは躊躇するが、具材はまだベーコンやほうれん草しか使っていないので、もっと別の具材をつめて色々なキッシュ作りに挑戦したいなぁー。

でも、考えるだけで面倒だぁー(笑)

ページ上部へ戻る